室外機

エコで省エネな給湯器は日常生活上の必需品

昨今の日常生活にはスイッチ一発でお湯の使える生活が当たり前になっています。戸建てもマンションも給湯器がついていて、利用後の爽快感を誰もが味わっています。お風呂、キッチンに洗面所でお湯が使えれば蒸し暑い夏場に汗だくで帰宅したり、あるいは寒い冬に外出先から凍えて帰宅したりした時などにほっと一息つけるわけです。給湯器は壊れたらすぐに修理してもらわないと1日たりとも過ごせないほどの生活必需品です。多くのメーカーが取り扱っている給湯器の中でも電気や灯油、あるいはガスを熱源とする機種の他にヒートポンプで空気から熱を汲み上げるエコキュートが幅広く使われています。特に、エコキュートは自然冷媒を使うヒートポンプなので、給湯器の中で最もエコで省エネを目指せるので、機器交換の際にはエコキュートが選ばれているようです。オール電化住宅で太陽光パネルを設置すれば自前の電気を使えるのでヒートポンプは生活に必要不可欠な機器となっているはずです。エコキュートに使われる冷媒の二酸化炭素を圧縮すると高熱になるのでその熱を熱交換器に通して給水加熱を行い、お湯が貯湯槽に貯えられます。その後、膨張弁を通して膨張させて低温となった二酸化炭素が熱交換器で空気から熱を受け取って高温になり、再び給水加熱に向かうわけです。このサイクルを繰り返す仕組みなので火気を使わず、安全性が受けています。

嵩む初期投資を埋める安い深夜電力利用

エコキュートは販売開始後まだ20年程度ですが、機器交換の際に導入され、既に6百万台以上が家庭に設置されたようです。但し、外気から熱を汲み上げるので外気温の低い寒冷地では熱を汲み上げるのにエネルギー効率が下がりますが、やむを得ないでしょう。エコキュートは安い深夜電力を使ってお湯を作り、貯湯槽に貯めておいて日常生活に利用できるので湯沸かし費用の安いことがメリットでしょう。初期投資が嵩みますが、メンテナンスや掃除を続けていけば10年程度は使えそうなので安い深夜電力利用で十分ペイしそうです。給湯器は毎日のように使用する設備ですから使用頻度を考えれば耐用年数が10年程度でもやむを得ないでしょう。高温多湿な気候の中で快適な日常生活を送るには給湯器が1日たりとも機能しないと困る設備になっているはずです。そこで、年数経過と共に故障が増えてきたら点検マニュアルに従って故障個所やその状況の確認をするまでにしておいた方が良さそうです。素人判断で修理できる箇所が少ないからです。故障個所やその状況の確認ができたらメーカーや設置業者に修理点検あるいは機器交換を依頼した方が良いようです。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中