見積もりを必ずもらうように

作業員

エコキュートを修理依頼するときには、必ず見積もりをもらってその金額以上の請求をしないことを業者に確認してから依頼してください。業者の中には、見積もりなしで口頭で概略の金額を説明するだけの場合、後から請求金額を水増しして割高になる可能性があるからです。できるだけ正確な見積もりを出してもらうためには、一度事前に機械の状態を直接業者に見てもらうことが必要となりますので、必ず見てもらってから見積もりをもらいましょう。見積もりを出してどの部分を交換しなければならないか、なぜ交換する必要があるのかを明確に説明できる業者や、こちらの疑問に適切に回答する業者は信頼できます。

部品代と作業費用が一般的

室外機

エコキュートの修理にかかる費用は、故障している場所や業者によって大きく異なるため、ある程度相場の金額を理解してから依頼することが必要です。電源が入らないときやリモコンが点灯しないなどの時には、1万円から5万円前後で修理をすることができるといわれていますが、消費税が入るとさらに費用が掛かります。なお部品交換の場合、部品代と作業費用がかかるため、部品代を確認し、10万円以上する場合は機械交換を検討したほうが良いといえるでしょう。

買替も選択肢の一つとなる

男性作業員

エコキュートの修理は平均的に1万円から5万円程度で済むといわれていますが、10万円以上かかる修理は存在するのでしょうか。結論から言えば、部品の料金が10万円以上超えることもあるため、作業費用と合わせてトータルで10万円以上かかる場合は存在しています。例えば室外機の部品の中には10万円以上かかるものもあるため、修理依頼をすると15万円以上かかると見積もりを出されることも珍しくありません。あまり高額な場合、10年以上使っているのであれば交換したほうが割安となる可能性はあるため、直すのと買替と両方の見積もりを依頼しましょう。

広告募集中